1人当たりの医療費

厚生労働省保険局「医療給付実態調査報告」によると、年齢階級別の1人当たり医療費は、下記表の通りでした。
1人当たり医療費は年齢とともに高くなり、70歳代までは外来(入院外+調剤)の割合が高く、80歳代になると入院(入院+食事療養)の割合が高くなります。

年齢階級(歳) 年間の医療費(万円)
100~ 117.1
95~99 116.7
90~94 109.3
85~89 103.1
80~84 92.3
75~79 77.7
70~74 61.9
65~69 45.4
60~64 36.0
55~59 27.8
50~54 21.9
45~49 17.2
40~44 13.9
35~39 12.3
30~34 11.0
25~29 9.4
20~24 7.4
15~19 7.2
10~14 9.2
5~9 12.3
0~4 22.7

(平成26年度実績に基づく推計値)